本文へスキップ

ビルダーショップは、○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

ヒストリーhistory


目を有害放射線から守る NASAの研究

NASA宇宙開発を推進する外郭団体の推進研究部門で多くのサイエンティストたちが、人間の目を有害放射線から目を守ることを課題とし、レンズ素材の研究が長期にわたり続けられた。宇宙飛行士の目に留まらず 宇宙ステーションの窓に使用される素材・・ そのベーシックになる研究の一貫として始まられた研究でした。多くの検証結果などに基づいて開発が行われたが、しかしながら長年求めるものに達せず、行き詰ってしまう・・。

解決方法が見つからぬままプロジェクトが進んでいく中、研究者達が目を付けたのが、自然の中に生きる "鷲" 猛禽類だった。 途方もない高度から小さな獲物を捕獲する彼らの目はどのような構造になっているのだろうか? あの高度で紫外線にさらされながら 眼を傷めずに 獲物を見つける眼は神秘にあふれていた・・・。宇宙にはあまり関連の無いと思われる 自然動物に秘密が隠されていると直感した。しかし、捕獲された鷹の目を何度も調べても答えは見つからなかった。  特別 眼を守る事や クリアなビジョンを確保する機能はみつからなかったのだ。眼球を調べれば調べる程なぞが深まる結果だった。














しかし、特別な機能なしでは有害な放射線の多い上空から目を傷めずに、それも他の動物にはない洞察力で獲物を見つけるのには不可能だった・・・  人間は所詮固定観念から抜け出せない。眼に執着するあまり 全てのことが複雑なるばかりで迷い道に迷い込んでしまった状態が長期に渡り続いた・・・
しかし 研究者は柔軟に取り込みもう一つの可能性にたどり着いた。

目ではないのであれば・・・。


答えは"猛禽類"の涙に

答えは獲物を見つけるその目の上を潤す「オイル(アイドロップ)」涙の中に見出した。他の動物がもたないオイル小滴には驚くべき秘密が隠されていた。そのオイル小滴が目の皮膜になり、有害な放射線から目を守るのだ。その神秘はそれだけにとどまらない、遠距離からでも素晴らしい「クリア」で「力強い」ビジョンをもたらす効果があることを研究者達はついに発見した。それは予想もつかない展開 驚きの色を隠せない。そして その涙の成分を科学的に解明しつくし その技術をレンズに応用したのだ。画期的な効果が地球上の生き物の中に隠されていた。イーグルアイ、それはただのブランド名でなく、まぎれもない 事実から生まれた最先端のレンズなのです。

NASAの外郭団体「スペースファンデーション」はその素晴らしい成果を我々の生活の中に、特に目を守るという分野での許可認定を 2006年2月に認めた。それはサングラスの業界を根底から覆すものとなった。


宇宙技術の一般の使用が初めて認められたサングラス

宇宙技術は時として軍事産業技術とも言われている。通常は技術の市場への転入はそれまで不可能とされてきた。しかし、米国では宇宙技術開発は一般市民の税金から抽出される。米国市民は少なくてもこの開発の恩恵を平和利用の観点からすれば使用する事に異議は無いはずです。そこで発足したのがNASAの技術開発の一般転用の架け橋になったスペースファンデーションです。 2006年2月 イーグルアイズのレンズはスペースファンデーションによって公認されました。 宇宙技術の使用が初めてサングラスで認められ たのです。

その恩恵を実際に手にして実感してもらえる時代がようやく到来したのです。











スペーステクノロジーを世界に広めた功績に与えられる Space Technology Hall of Fame をNASAより受賞

NASA発行の公式マガジン スピンオフ

輸入雑貨 株式会社 アムマックスのお店 鎌倉店でイーグルアイズの全商品がご覧になれます

 Youtube でイーグルアイズの特徴をご紹介しております。